2017年10月31日

蔵元写真館「追憶」-10



http://www.masuzuka.co.jp/kuramoto/entry-608.html


蔵元写真館「追憶」-10をアップしました。
ゆっくりお楽しみに下さい。


清市の弟(次男)、勇次が志願兵として昭和14年『大東亜共栄圏の建設』の為にと入隊する時点で初めて、「ああ、戦争なのか。」と心なしか寂しさを感じるのであった。村全体、いや国全体が挙国一致の軍国主義へと進む中では自分だけその時流に逆らう事も出来ず、一日も長い平和を祈るのみであった。