2007年08月04日

建築風景

完成


工場内に新しく便所が完成しました。
今まで男女共用の便所を使用していましたが、
見学等の増加により 男女区別した新しい便所を作りました。
和式、洋式、そして手洗いは、色々の議論が行われました。
そんな上で完成した便所は、とても気になります。

有ること難し。 店主


2007年06月03日

オカリナ演奏

味噌汁を食す


岐阜県本巣市立根尾中学校の見学がありました。
中学生の蔵の杜食育学校の見学です。
根尾の美しい自然の中で育った子供たちは目がきれいでした。
伝える言葉が子供に溶け込むのを感じ、素敵な子供たちだなと思いました。
校長先生の「子供たちは味噌玉です。」との言葉、強く心に残りました。
最後に聞いたオカリナは、蔵に染込み
熟成中の味噌は、すばらしいものになるでしょう。

有ること難し。 店主


2007年03月11日

東海農政局主催見学

東海農政局主催の体験見学会がありました。
約50名の参加者を集め、丸一日味噌の勉強です。
農業従事者、林業従事者、水産従事者、加工業者、消費者に呼びかけました。
そこに、NHKのニュースの取材が入り、騒然としました。
しかし、参加者からは意味深いものと感想を頂き、
弊蔵としては、「よかったなあ。」と皆感じています。


有ること難し。 店主


2007年02月11日

ジャズコンサート風景


完成した大蔵で、ジャズコンサートを開催しました。大桶が設置される前に、我々の思いを染込ませたく、この寒い時期、コートを着て、ひとときの楽しみを持つことが出来ました。企画、進行、そして料理に至るまですべて自前です。お陰で、ハプニングあり、笑いあり、和気あいあいとしたコンサートになりました。多分、この蔵で育つ味噌は・・・素敵な味を醸すでしょう。

有ること難し。 店主


2007年01月14日

大桶修理

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたしますね。

昨年、蔵の改修が行われました。
そして、今度は大桶の修理が始まりました。
昔、桶職人が蔵に来て、箍(タガ)の差し替えをしたりしていましたが、 現在では蔵人が自ら行います。
我々は、生きながらえる大桶が、食育の原点になると信じます。

有ること難し。 店主